プロジェクターのレンタル情報
プロジェクターのレンタル情報

レンタルプロジェクターの種類

プロジェクターは目的に応じて:様々なレンタルプロジェクター





プロジェクターといえば、最近はPCと接続して画像を映し出すものが主流で、様々な場所でレンタルが出来るようになっています。しかし、プロジェクターには色々な種類があるもので、借りられる場所も種類に応じて少し異なってきます。ここで少し紹介をしたいと思います。


サイトなどでよく見るプロジェクターレンタルで出されているものの多くは、液晶プロジェクターです。会議・プレゼン用途などの需要が多いため、その目的での使用に適したものが圧倒的に多いです。プロジェクターレンタルに特化したサイトでは、DLPプロジェクターや、10000ルーメン以上の高級機も出ていたりします。


ホームシアター用のプロジェクターとなると動画をきれいに映す目的でのプロジェクターが欲しいところですが、安い!と謳って数機種しか取り扱っていないところのものは大抵適していません。ですから、レンタルプロジェクターを専門的に取り扱っているところで探した方が間違いありません。中にはDVD一体型の便利なプロジェクターを扱っているところもあります。


話は変わって、プロジェクターといってもスライド観賞用のスライドプロジェクターになると、こんどはカメラ・映像用品のカテゴリーになります。そういった業者からあたりを付けていくと、レンタルを探すことが出来るでしょう。

レンタルプロジェクターの種類

液晶プロジェクターのレンタル





「液晶プロジェクター」のレンタルという言葉を、プロジェクターレンタルをしているサイトなどでよく見かけます。液晶プロジェクターは、おそらくレンタルプロジェクターにおいては現在もっとも取り扱いの多いものとなるでしょう。


一昔前までは、CRT方式という3原色をそれぞれスクリーンに投影する方式のプロジェクターが主流でしたが、その画像の滑らかさなどから根強く愛好する人はさておき、調整が簡単で軽い液晶プロジェクターが登場し始めると、勢力図は大きく変わっていきました。


さらに進んだ現在では液晶プロジェクターよりも深みのある色彩でスポーツなどの映像にも適したDLPプロジェクターも登場し、レンタルにおいても取り扱いが多くなってきていますが、価格が高いという部分、静止画を用いたプレゼンなどにはDLPほどの画質を必要としない場合が多いことからか、いまだ液晶プロジェクターレンタルでは主流であるようです。


液晶プロジェクターの弱点のひとつである長時間使用による液晶の劣化(透過型の場合)が、1日単位での使用であるレンタルにおいては考慮の必要が無いことも液晶プロジェクターがデメリットを表出させずに需要を保っている理由のひとつでしょう。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。