プロジェクターのレンタル情報
プロジェクターのレンタル情報

プロジェクターのレンタル

レンタルの際のポイント:液晶プロジェクター





レンタルで液晶プロジェクターを利用したいと思ったら、今はインターネットで検索すればたくさんのレンタル取扱業者と色々な種類の液晶プロジェクターが出てくると思います。技術革新と低価格化でシェアを得た結果、レンタル用途でも液晶プロジェクターが台頭している現在では、どこでどれを借りたらよいかをえらぶのも一苦労です。そこで、レンタルの際に、液晶に限らずですが、プロジェクターを選ぶ非常に基本的なポイントをお話したいと思います。


一番重要なポイントは、明るさです。明るいものを使えば、部屋を暗くしなくても、また、遠くの人にもはっきり見られる映りを実現できます。明るいに越したことはありませんが、明るい機種ほど値段は高くなりますので、予算と相談、と言うところでしょう。


次のポイントは、見やすさです。見やすさを左右する要素は、解像度です。解像度が高いほど画面が綺麗で細かい部分まで映ります。注意点は、パソコンの方が当該解像度に対応していなければ、綺麗には写らないということです。解像度に関しても、高いに越したことはありません。


最後のポイントは、軽さと使いやすさです。例えば小人数でのしようで、大きくて操作が複雑なものを借りても、過ぎたるは及ばざるが如し、無駄な労力とタイムロスを招きます。


ひとまずは上記のポイントを踏まえて、レンタルに臨んで見てください。

プロジェクターのレンタル

愛知県豊明市でレンタルの前にプロジェクター体験





例えば、愛知県豊明市でレンタルプロジェクターの手配を考える際に、体験でプロジェクターを触ることが出来ることはご存知でしょうか?


EPSONのHPを見ると、プロジェクターのページから全国で液晶プロジェクターの体験コーナーを設けている販売店の情報を閲覧することが出来ます。冒頭には愛知県豊橋市を書きましたが、もちろん全国の色々な場所でこのような体験コーナーを探すことができ、レンタルの前にプロジェクターを体験することができるのです。


愛知県豊明市の例では、エイデン豊明店でエプソンの液晶プロジェクターの体験が出来ることがわかります。豊明に住んでいる人に関しては、エプソンの特定機種に限りますがエイデン豊明店にいくことで、レンタル前にプロジェクターの体験が出来ます。お店に出向くことで細かい使い方を店員さんに聞いたりも出来るので、おすすめしたいところです。


店員さんは販売前提で働いていますので見るだけ、触るだけはちょっと気が引けるかもしれませんが、利用したい手段です。

プロジェクターのレンタル

レンタルで体験できる高級プロジェクター!名古屋に拠点を持つ業者の紹介





レンタルプロジェクターは使用用途に応じて予算をかけないで選べるのがビジネスではベターです。現在はネットの普及で東京・名古屋・大阪、全国のあらゆるところでお得な条件でレンタルプロジェクターを手配することが出来るのがありがたいところです。しかし、買うほどのお金は出さずに高級なプロジェクターの映像を楽しみたい!というのもレンタルの醍醐味です。そんな楽しみ方をしたいあなたのために、こだわりの高級機がレンタルできるプロジェクターを始めとした映像・音響機器の取り扱い専門店を紹介しましょう。


大阪本社を筆頭に東京・名古屋・京都にネットワークを持つ株式会社タケナカは、映像・音響関連機器のレンタルを主軸にするだけあり、レンタルできるプロジェクターもこだわりのものがそろっています。レンタルできるプロジェクターの種類は、1000ルーメンのものから10000ルーメン超の高級機まで、なんと70を越えます。特に一番の高級機はBARCOの17500ルーメンの機種で、1日なんと84万円のレンタル料金です。普段めったにお目にかかれないプロジェクターを触れる機会を得られるとしたら、高くないと考えられましょうか・・・・?


東京・名古屋等、営業所のある地域にかかわらず、一度は見ていただきたいラインナップだと思います。

プロジェクターのレンタル

プロジェクターのレンタル:格安業者のご紹介





プロジェクターレンタルを考えたときに、安ければ安いほどありがたいのは当たりまえの話です。格安で出している業者があれば、やはりまずはそこから調べていくものでしょう。ここでは、プロジェクターレンタルで、私がまあ格安であろうと判断する業者さんを紹介したいと思います。


私が見た中でプロジェクターレンタルで格安だと思える業者さんでは、産業教育研究所というところがあります。こんないかつい名前のところがプロジェクターレンタルを格安でやっているの??と思ってしまいますが、HPを見ると確かにレンタルをやっています。どうやらこの会社は名前のとおり教育セミナーなどの主催が主の業務で、そこから派生してプロジェクターレンタルを始めるに至ったようです。


さて、肝心の価格ですが1泊2日で2000ルーメンクラスが7000円から8000円、そしてこの料金は発送分の運賃も含まれていますから、その点まで考慮すればかなりお得な値段設定と言えるでしょう。


ひとつ懸念があるとすれば、その会社の成り立ちから考えるに、それほどPCとの接続などのセットアップに関しての知識が豊富ではないかもしれない、という点でしょうか?

プロジェクターのレンタル

PC用品取り扱い業者からプロジェクターをレンタルするメリット





PC用品を専門に取り扱うところ、カメラ用品など映像機器の業者、イベント業者など、プロジェクターレンタルを行っている業者は大きくいくつかのカテゴリーに分かれてくると思います。その中でやはり多いのがPC関連商品を扱う業者がプロジェクターレンタルを行っているケースです。カテゴリーが違えばそれぞれについてメリットが変わってくるものですが、PC関連が主の業者からプロジェクターレンタルするメリットはどこにあるでしょうか?


なんといってもプロジェクターはPCにつないで使うのが現在では一般的ですから、一番の利点はPCとの接続についての知識に明るい(はず)というのがメリットとして挙げられるでしょう。もちろん知識の程度は個体差といったところはありますが、事前にこのパソコンにこのプロジェクターをつないだらどうだ、このソフトをプロジェクターでスライドショーで映したい場合はどうするなどの問いに答えてくれる可能性は当然高いでしょう。場合によってはPCとプロジェクターを確実に繋がる組み合わせでレンタルすることも可能です。


PC関連知識に不安があるなら、餅は餅屋というところで、PC関連中心の業者でプロジェクターレンタルする方が安心感があるのは間違いないでしょう。

プロジェクターのレンタル

プロジェクターはスクリーンと一種にレンタル





会議やプレゼンなどでプロジェクターを使用するには、当然ですがスクリーンが必要となります。すなわち、レンタルの場合にはプロジェクターに合わせて適切なスクリーンを選び、一緒にレンタルをする必要が生じます。


プロジェクター用のスクリーンは、主に80インチや100インチのものがレンタルの主流になっています。大人数での使用になればなるほど大きいスクリーンが必要となり、120インチやそれ以上のプロジェクター用のスクリーンもレンタルが可能な業者もありますが、スクリーンに画面を大きく映すためにはプロジェクターを後ろに配置する必要があり、部屋の広さによってはあまり大きく投影が出来ないという結果にもなりかねません。もちろんプロジェクターの明るさによって見えやすさも変わりますので、組み合わせが大事です。


プロジェクターとスクリーンのレンタルに関しては、やはり業者が一番詳しいところではありますので、自信が無い場合には業者に相談して最適な組み合わせを選ぶのが間違いないでしょう。

プロジェクターのレンタル

レンタルの際のポイントは:プロジェクターの選択





ビジネスシーンにおいて、よほど頻繁に使ったり、必需とされるような業界で無い限りは、使用の際にその都度レンタルプロジェクターを用意する場合が圧倒的に多いと思います。さて、レンタルをしている業者のHPなどでプロジェクターを見ると、様々な機種の取り扱いを見ることが出来ます。値段も機種によって違ってきますが、普段利用されない方には耳慣れない「ルーメン」という単位がプロジェクターごとに表示されていると思います。それこそが、レンタルをする際にプロジェクターを選択する大きなポイントになります。


ルーメンとは輝度、つまりプロジェクターの明るさのことで、「lm」という記号で表されます。ルーメンは2000や3000などのものがレンタルとしては多く取り扱われていると思いますが、当然数字の大きい方が見やすく、大きい会議室でも使えるのですが、数字の大きさに比例して料金も高くなります。


レンタルプロジェクターを選ぶ際には、先にあげたルーメンのほかに、プロジェクターが映し出せる画面の大きさやスクリーンの大きさなどもポイントになってきます。

プロジェクターのレンタル

 プロジェクターをレンタルする理由は?





CMなどで、プロジェクターを使って会議をしている場面をよく見るようになりました。インターネットなどで検索をすれば分かることですが、プロジェクターレンタルをしている業者は非常に多く存在します。プロジェクターはそれだけビジネス用途で需要があるということで、さらに言えばレンタルの需要も同様に多いということがネット検索の結果からお分かりいただけると思います。


さて、なぜプロジェクターレンタル需要はそれほど多いのでしょうか?答えは単純明快、プロジェクターが高価だからです。頻繁に会議をおこなう資金力の潤沢な会社ならいざ知らず、節目節目でしか使う機会が無ければ購入の10分の1以下の出費で済ませられるレンタルに目が行くのも当然というものでしょう。


また、使うシチュエーションでプロジェクターに要求される能力も変わってきますので、その時々で値段・性能を考慮してプロジェクターレンタルする方が、ベストなパフォーマンスが出来るということもレンタル需要が多い理由でしょう。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。